HOME > クラブ活動 > 理科研究同好会

理科研究同好会

部活紹介

20161020-rikakenkyu-02理科研究同好会は、2年前に理科授業の一環としてできた有志の研究グループ「理科課題研究班」の活動が元になって、2016年4月に発足した。
活動のメインは、毎月1回のペースで行う学校の南側を流れる船橋川の水質調査である。調査を始めて2年半が過ぎた。今年は川の水が緑色に見える夏に、その正体を探るため、プランクトンを顕微鏡で観察した。他に、学校周辺の断層調査を継続したり、神戸女学院大学の中川先生とは共同研究でマイクロスケール実験を複数開発したりしている。お遊びでは、松茸の香りなどを合成し、文化祭では見学者に嗅いでもらった。
年に数回、大学の先生も参加する学会の研究会などに参加して、プレゼンの技を磨き、高校生の発表が可能な研究会では研究成果を発表している。
この9月の京都大学アカデミックデイ2016では、全国審査で高校4校の中に残り、京都大学の先生方に交じって研究発表してきた。2年前に初審査に通り、昨年は落ち、今年で2回目の発表だったが、表彰状は他校に持って行かれた。
しかし、ここ2年半ほどで、日本化学会近畿支部などから頂いた表彰状は10枚を超えている。英語でプレゼンしたこともある。
活動は、原則週末の土、日、化学の講義室かフィールドにて実施している。校外の発表会の直前は、平日の放課後も残ることになる。予算がつかないので、無理のない範囲で実施しているため、SSHと比べると見劣りするのが実情だ。そこは創意・工夫・熱意で補っている。

 

入会について


20161020-rikakenkyu-03理科・数学や英語が得意でなくても、ちょっと研究活動なるものに興味があれば化学の準備室を訪ねて下さい。これまで経験がなくても気にしなくてよいです。コミュニケーションが苦手でも問題ないです。やってみようという気持ちが大事です。
先輩と顧問の先生がていねいに指導してくれます。先輩・顧問の先生には、国際会議などにおける英語でのプレゼン経験者もいます。研究論文・発表に必要となるので、ワード、エクセル、パワーポイントが使えるようになります。論文の書き方だけでなく、発表の仕方も身につきます。表彰状ともども、進路で役立つ可能性、大です。

 

活動報告


20161020-rikakenkyu-012016年8月20-21日(表彰状を頂く)
青少年のための科学の祭典(大阪大会)サイエンス・フェスタに実験教室を2つ出展
2016年9月18日
京都大学アカデミックデイ2016にて「船橋川の水質Ⅱ&周辺断層に関する研究」を発表

大阪府立長尾高等学校

〒573-0102 枚方市長尾家具町5-1-1
TEL: 072-855-1700(代表) FAX: 072-851-8103
E-mail: z-nagao@sbox.osaka-c.ed.jp

朝の欠席・遅刻の連絡は‥
072-855-1701
(専用留守番電話)

=直通=
TEL: 072-855-9964(45期 1年学年職員室)
TEL: 072-855-9962(44期 2年学年職員室)
TEL: 072-855-9963(43期 3年学年職員室)
TEL: 072-855-1721(進路指導室)